鹿島臨海鉄道大洗鹿島線フォトコンテスト審査結果について

大洗鹿島線を育てる沿線市町会議及び鹿島臨海鉄道株式会社主催の、「鹿島臨海鉄道大洗鹿島線フォトコンテスト(募集期間:令和3年8月2日~8月31日)」は、 30名から71点のご応募をいただきました。
たいへん多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
厳正な審査の結果、入賞作品が決定いたしましたので、審査結果をここに発表いたします。

※素晴らしい作品を数多くご応募いただいたため、「りんてつ賞」について、入賞点数を1点追加させていただきました。

■鹿島臨海鉄道大洗鹿島線フォトコンテストの詳細についてはこちら

 

入賞作品

〇沿線会議賞(賞金 3万円)
「水鏡」渡邉 貴宣(撮影地:常澄―大洗)


【撮影者コメント】
水張りを終え、田植えまでのわずかな期間、水が張られた田んぼが水鏡となって美しい風景を作り出しています。
水鏡を鑑面に仕上げるため、風が吹かない時間帯である早朝に撮影しました。まるでアニメの一場面のような風景です。

【審査員講評(大洗鹿島線を育てる沿線市町会議 会長:大洗町長)】
白んだ空が上下に広がり、列車が空を駆けていくような、幻想的な一枚に、まず心が奪われました。
大洗鹿島線の沿線地域は、通勤通学の日常風景やどこか懐かしいほっとする風景に満ち溢れています。
長年、地域の足として走り続けてきている6000形の車両と沿線の民家、そんなありふれた風景が、限られた時期のみ出現する広大な水鏡によって、がらりと雰囲気を変え、思わず目を奪われるほどの絶景となる刹那を見事に捉えています。
シャッターチャンスを見極めて撮影に成功した、撮影者の技術の高さも伺える作品であると感じました。

 

〇臨鉄社長賞(賞金 1万円)
◆「永遠(とわ)」石田 宜大(撮影地:常澄―大洗)

【撮影者コメント】
水が張られた田んぼに映し出された高架橋と星空を撮影しました。田植え前のわずかな期間に見られる美しいリフレクション。水田はまるで湖のようでした。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社 社長)】
田んぼに水が張られてから、田植えまでの本当に短い時間だけ見ることができる水鏡と大洗鹿島線の特徴とも言える高架、その頭上を回る夜空の星がとても美しいです。静寂なまるで別世界のような、大洗鹿島線の新しい一面に気づかせていただきました。

 

◆「緑のトンネルをぬけて」稲穂(ハンドルネーム)(撮影地:鹿島臨港線 鹿嶋市平井

【撮影者コメント】
新緑のKRD64号を、と思い撮影。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社 社長)】
生命感あふれる新緑の中を、力強く走ってくる機関車を見ていると、この時期の爽やかな空気を揺らしながら迫り来る機関車の音が感じられます。

 

〇りんてつ賞(賞品 大洗鹿島線沿線市町特産物)
◆「小雨の通学路」川﨑 淳平(撮影地:鹿島臨港線 養鶏場裏踏切)

【撮影者コメント】
長梅雨だった2020年夏、路地裏のアジサイも長持ちしました。やおら雨が弱まった下校時間、踏切待ちをする小学生の目前をKRD5がのそのそと通過してゆきました。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社)】
あじさいに季節を感じます。
小学生の前を製造から40年以上たったKRD5がゆっくり走行していきます。
よく見ると機関車の運転士に手を振っているお子様がいらっしゃって、この地域の日常生活に溶け込む機関車の姿が感じられます。

 

◆「朝焼けの大洗鹿島線」廣瀬 泰成(撮影地:常澄ー大洗)

【撮影者コメント】
田植え前のほんの短い時期にしか見られない景色。朝焼けのきれいな朝に。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社)】
美しい暁(あかつき)の光が鮮やかに表現されています。
このような色合いの沿線写真は、珍しく、大洗鹿島線の知られざる魅力を教えていただきました。

 

◆「日の出30分前」渋井 博道(撮影地:平戸橋 水戸市側より)

【撮影者コメント】
日の出前30分くらい、この時間帯の空の色合いが素晴らしい。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社)】
夜が終わり、朝がやってくる空のグラデーションがとても綺麗で幻想的です。
また、朝焼けを背景にした車両と橋がまるで影絵のようで、さらにそれが川の水鏡に写る世界がメルヘンチックさも併せ持ち、素晴らしく感じました。

 

◆「非日常」宇留野 稜(撮影地:東水戸駅)

【撮影者コメント】
雪の降った次の日の朝、太陽に照らされながら、雪をまき散らして走るその姿は、非日常そのものでした。

【審査員講評(鹿島臨海鉄道株式会社)】
雪の降った日の翌朝という希少な日の希少な時間帯に撮影されたもので、背景の黄金色が非日常を際立たせています。
雪の粉を巻き上げて驀進する6000形に力強さを感じます。

※入賞者には後日改めてご連絡を差し上げます。

 

【関連リンク】

大洗鹿島線フォトコンテストを実施します

お問い合せ
まちづくり推進課 事業推進係
代表電話番号
029-267-5111
Mail
お問合せフォーム
SNSでシェアする