予防接種

実施協力医療機関

  • 定期予防接種・・・「茨城県内定期予防接種広域事業協力機関一覧」をご覧ください。
    ※予防接種協力医師は医療機関に掲示されいているか、上記一覧をご参照ください。
  • 任意予防接種・・・「おたふくかぜ」「小児インフルエンザ」は、大洗町または水戸市の契約医療機関で接種できます。
    上記以外の任意予防接種は、償還払い(接種後,申請していただき口座にお振込み)で接種料金の補助が受けられます。

予防接種の種類

定期予防接種(小児)

ヒブ、肺炎球菌、BCG、四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)、二種混合(ジフテリア・破傷風) 、B型肝炎、麻しん・風しん混合、日本脳炎、水痘、子宮頸がん予防ワクチン、ロタウイルス感染症

定期予防接種(高齢者)

成人用肺炎球菌(23価肺炎球菌)、高齢者インフルエンザ

任意予防接種(小児)

おたふくかぜ、小児インフルエンザ

任意予防接種(その他)

成人用肺炎球菌(23価肺炎球菌)、成人用風しん

 

予防接種の対象者・助成金

予防接種名 対象年齢
ロタウイルス感染症
(令和2年10月1日~開始)
令和2年8月生まれ以降が対象となります。

  • 初回接種は生後6週~生後14週6日まで
  • ロタリックス(1価)は2回接種で生後24週まで
  • ロタテック(5価)は3回接種で生後32週まで
ヒブ 生後2ヶ月~5歳未満

  • 接種開始月齢によって接種回数は異なりますので,助成回数も異なります。
小児用肺炎球菌 生後2ヶ月~5歳未満

  • 接種開始月齢によって接種回数は異なりますので,助成回数も異なります。
四種混合 生後3ヶ月~90ヶ月未満
B型肝炎 生後2ヶ月~1歳未満
BCG 生後3ヶ月~1歳未満
麻しん・風しん混合 1期 生後12か月~24ヵ月未満
2期 満5歳~満7歳未満(就学前の1年間)
日本脳炎 1期 生後36ヶ月~90ヶ月未満
(通常の積極的な接種勧奨は、3歳の初回接種、4歳の追加接種になります。)
2期 満9歳~13歳未満

  • 特例措置(1):平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで20歳未満の方は、日本脳炎の定期予防接種を受けることができます。
  • 特例措置(2):平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は、1期の予防接種が終了していない場合、9歳以上13歳未満の間で、未接種分の予防接種を受けることができます。
子宮頸がん  現在,子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

  • 平成25年6月14日、厚生労働省からの通知があり、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的にはお勧めしないことになりました。

国の副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等を訴える副反応が報告されていることから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的に接種をお勧めしないこととされました。

なお、ご希望の方は今までどおり定期接種として受けることができますので、ワクチンの有効性と副反応が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

  • 小学6年生~高校1年生
水痘  満1歳~3歳未満
おたふくかぜ(任意)  満1歳~4歳未満の今までおたふくかぜにかかったことのない児童
3,200円の助成
 成人用肺炎球菌
(定期・任意)
  1. 65歳以上の方
  2. 60~64歳の身体障害者1・2級の方
  • 定期・任意接種とも、1人1回3,000円の助成
  • 定期接種対象者には、個別通知をしております。
  • 任意接種の場合は、償還払い(後日申請していただいた口座に振り込む方法)のため、予診票の配布はしておりません。
小児インフルエンザ(任意) 満1~高校3年生相当

  • 接種当日に13歳未満→2,000円分の助成を2回
  • 接種当日に13歳以上→2,000円分の助成を1回(※医学的な理由で医師が必要と判断した場合は2回)
高齢者インフルエンザ 1.65歳以上の方
2.60~64歳の心臓,腎臓,呼吸器の機能または、ヒト免疫府不全ウイルスによる免疫機能障害により身体障害者手帳1・2級をお持ちの方

  • 1人1回3,000円の助成(1シーズン1回)
成人風しん 1.妊娠を望む女性及びその夫(婚姻の届出をしていなくても事実上婚姻関係と同様の事情にある方含みます)
2.妊婦の夫
※ただし、風しん抗体検査の結果、抗体価を十分獲得している者、または風しんワクチン接種を過去に2回以上受けたことがある者は除く。

  • 風しん単独ワクチン・・・3,000円
  • 麻しん風しん混合ワクチン・・・5,000円
  • 償還払い(後日申請していただいた口座に振り込む方法)のため、予診票の配布はしておりません。

 

予診票の配布方法

定期予防接種(小児)

出生時から大洗町民の方:赤ちゃん訪問の際に、保健師がお持ちします。その際に、予防接種についてのご説明もいたします。

町外から転入された方:必ず母子健康手帳をご持参の上、健康増進課(ゆっくら健康館1階)窓口までお越しください。

定期予防接種(高齢者肺炎球菌)

毎年4月上旬に個別郵送で、予診票とお知らせをお送りします。

小児インフルエンザ・高齢者インフルエンザ

毎年9月下旬に個別郵送で、予診票とお知らせをお送りします。

任意接種(高齢者肺炎球菌・成人風しん)

償還払い(接種後、申請していただき口座にお振込み)のため、予診票の配布はしておりません。

予診票の再発行について(定期予防接種 小児)

接種状況を確認するため、必ず母子健康手帳をご持参の上、健康増進課(ゆっくら健康館1階)窓口までお越しください。

予防接種償還払い申請手続きについて

都合により、大洗町が助成する予防接種を、契約医療機関以外で全額自己負担で接種した場合は、償還申請により自己負担金(町が定める金額を上限)を助成します。
※償還払い申請期限 : 毎年3月31日まで

申請に必要なもの

(1)予防接種費償還払申請書兼請求書 (※令和元年10月増税以降)
(2)領収書原本(レシート不可、予防接種名の記載があり、本人氏名、接種日、医療機関の押印があるもの)
(3)母子健康手帳(成人風しん予防接種で妊婦の夫の場合)
(4)振込先金融機関の通帳

申請先

大洗町健康増進課(ゆっくら健康館1階)

 

医療機関用請求書

予防接種委託料請求書

SNSでシェアする