ヘルプマーク・ヘルプカードの普及啓発について

ヘルプマークとは

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくするなるよう作成されたマークです。

ストラップとして衣服やバックに着けて、配慮が必要なことを伝えることができるので、公共交通機関などの優先席利用のように、日常生活で幅広く役立つことが期待できます。

ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら、電車、バス内で席をゆずる、困っているようであれば、声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。

 

ヘルプカードとは

障がいなどのある人が困ったときに、周囲の方に配慮や手助けをお願いしやすくするための情報を伝えるためのカードです。

医療機関を受診する時や災害時、日常生活で困った時などに、障害者のコミュニケーションを支援するツールとして活用することが出来ます。

ヘルプカードの提示があった場合、記載されている内容にそって必要な支援をお願いします。

配布対象者

大洗町に住所を有する方で、社会生活などにおいて配慮や援助を必要としている方(障害者手帳の有無は問いません)

配布方法

対象者本人からの申出により、1人につきヘルプマーク1個、ヘルプカード1枚を配布します。
※ご家族や支援者等の代理人による受取も可能

配布場所

福祉課及び健康増進課(ゆっくら健康館1階)

 

【関連資料】

 

SNSでシェアする