大洗町徘徊高齢者等SOSネットワーク事業

大洗町は、認知症になっても安心して外出できる地域づくりを目指して「大洗町徘徊高齢者等SOSネットワーク事業」に取り組んでいます。
「大洗町徘徊高齢者等SOSネットワーク事業」とは、高齢者等が行方不明になった時や身元不明者が保護された時に、家族や警察だけでなく、町から協定機関へ情報提供して、可能な範囲で捜索の協力をしてもらうことで、速やかな行方不明者や身元不明者の発見や特定につなげるしくみです。

対象者

・認知症状等により自宅に戻れなくなる可能性のある方など

申請者

・対象者およびその家族、養護者

利用方法
  1. 事前に登録をします。
    大洗町徘徊高齢者等SOSネットワーク登録票(様式第3号)を記入して、福祉課高齢者支援係に提出します。
    持参するもの:対象者本人の写真1枚(できるだけ最新のもの)、申請者(家族)の印鑑、申請者の身分証明書
  2. 行方不明になった時に捜索依頼を提出します。
    行方不明時の服装や所持品、状況等を捜索依頼書(様式第5号)に記入して、福祉課高齢者支援係に提出します。

 

【関連資料】

関連ページ
SNSでシェアする