大洗町自殺防止対策計画~こころといのちのサポートプラン~

策定趣旨

わが国では、自殺者数が年間3万人を超える年が続き、平成29年においても2万1,000人の方が自ら命を絶ちました。このような状況の中で「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指すため、平成28年に自殺対策基本法が改正されました。この改正を受け、すべての都道府県及び市町村で自殺対策計画を策定することとなりました。
大洗町においても、自殺は防ぐことのできる社会的な問題であるとの認識の下に、自殺対策を総合的に推進するための指針として本計画を策定しました。
今後は、この計画を町民、各関係機関・団体などと連携しながら、さまざまな自殺対策のための施策を推進し、健やかで幸せに暮らせる大洗町の実現を目指してまいります。

 

計画期間

令和2年度から令和6年度計画の基本理念
「誰も自殺に追い込まれることのない大洗町の実現」

 

【関連資料】

SNSでシェアする