小中学生病院体験ツアー~おうちで学ぼう‼病院の世界~

小中学生病院体験ツアーは、いつもは見たり・入ったりすることができない病院の機器や場所を見学したり、病院の仕事をやってみたり、医療(いりょう)の世界を体験できるツアーです。

今年は、新型(しんがた)コロナウイルスの影響(えいきょう)で残念ながら中止となりましたが、小中学生のみなさんに、少しでも病院のことを知ってもらい、将来(しょうらい)、病院で働きたいと思ってもらえるように、「小中学生病院体験ツアー ~おうちで学ぼう‼病院の世界を紹介(しょうかい)します‼

 

1 病院の中を見学しよう‼ ~病院の中って,どうなっているの?~

病院の中には、みんなが知らないことや見たことがない場所がたくさんあります。病院の中を見学して、みんなの病気やケガを治すために、それぞれの場所でどんなことをしているのか勉強してみましょう。

手術室(しゅじゅつしつ)

手術室の中はとてもきれいにされていて、中に入るときはガウンを着たり、手を洗ってきれいにしてから入ります。また、無影灯(むえい とう)という影(かげ)ができない照明などの特別な機器があります。ガウンやキャップを身に着けて、きみも名医に変身‼

手術室1写真手術室2写真手術室3写真

検査室(けんさしつ)

検査室では、血やウイルスなどを検査して、どんな病気にかかっているのかなどを調べています。光を当てると血管の位置がわかる特別なライトを使うと、子どもや年配の方などのように血管が細い人の血も安全に採(と)ることができます。

検査室写真

レントゲン・放射線(ほうしゃせん)撮影(さつえい)室

レントゲン・放射線撮影室は、体のどこが悪くなっているのかを見つけるために、特別な機器を使って、体の中を撮影する場所です。どんな病気にかかっているのかを調べるためには、ここで撮影する写真はとても大切は情報(じょうほう)のひとつです。

レントゲン1写真レントゲン2写真レントゲン3写真

薬局・薬品倉庫(やっきょく・やくひんそうこ)

薬局・薬品倉庫では、患者(かんじゃ)一人一人に合わせて薬を調合したり、そのための機器や薬がある場所です。薬の種類や量、飲む時間などは一人一人バラバラですが、薬剤師(やくざいし)が一人一人に合うように、調合してくれることで、わたしたちは安心して薬を飲むことができます。また、薬の中には、子どもが飲みやすいよう色や味を工夫しているものもあります。

薬局写真

ドクターヘリ・ドクターカー

ドクターヘリ・ドクターカーは、一分一秒を争う中で、患者の命を守るために活躍(かつやく)しています。出動するときは、医師(いし)、看護師(かんごし)、救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)などがドクターヘリやドクターカーに乗って、患者のもとへ急行し、病院に着くまでの間に治療をします。

ドクターヘリ写真

 

2 病院の仕事を体験してみよう‼ ~病院にはどんな仕事があるの?~

病院では、わたしたちの病気やケガを治すために、医師をはじめ様々なスタッフが協力し合って働いています。ここでは、どのような仕事があるのかを紹介(しょうかい)します。病院にはどんな仕事があるのかを体験してみよう‼

心臓(しんぞう)や肺(はい)の音を聴(き)いてみよう‼

聴診器(ちょうしんき)を使って、自分や友達の心臓や肺の音を聴く体験です。心臓や肺の病気になると、健康なときとは違(ちが)う音がする場合があります。医師はその音を聞き分けることで、どんな病気なのかを調べています。

心肺の音1写真心肺の音2写真心肺の音3写真

縫合(ほうごう)を体験しよう‼

手術などで治療した所やケガをした所をつなげることを縫合と言います。スポンジに糸を通して縫合を体験‼
手で縫合するだけではなく、機器を使ったやり方もあります。

縫合体験1写真縫合体験2写真縫合体験3写真

薬を調合してみよう‼

病院でもらう薬は、薬剤師によって、患者一人一人に合わせて作られます。チョコレートを薬に見立て、決められた種類や量に調合したり、シロップを決められた倍率(ばいりつ)に薄(うす)めたりして、薬剤師の仕事を体験してみよう‼

薬調合体験1写真薬調合体験2写真薬調合体験3写真

リハビリを体験しよう‼

足のケガによって歩くことが難(むずか)しくなってしまった患者などは、松葉づえや車いすなどを使って、いつもの生活が送れるようリハビリをします。松葉づえや車いすの体験をすると、少しの段差(だんさ)や狭(せま)い所を通ることの大変さを知ることができます。

リハビリ体験写真

SNSでシェアする