定住自立圏形成協定

茨城県央地域の9市町村(水戸市、笠間市、ひたちなか市、那珂市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村)は、それぞれの議会の議決を得て、平成28年7月5日に茨城県央地域定住自立圏形成協定締結式を開催し、協定を締結しました。

○定住自立圏形成協定
人口減少社会を迎え、一自治体では解決困難な行政課題への対応を図り、人口定住のために必要な生活機能の確保に向けて、中心市と近隣の市町村が1対1で、「生活機能の強化」「結びつきやネットワークの強化」「圏域マネジメント能力の強化」の3つの観点から、連携する取組を定めるものです。

○中心市宣言(平成27年7月8日)
県央地域に位置する9市町村の首長で構成する「県央地域首長懇話会」において、都市間連携、協働の取組を進めている中で、定住自立圏構想についても議論が重ねられ、構成9市町村で「茨城県央地域定住自立圏」の形成を目指していくことになりました。
平成27年7月8日に、水戸市において「中心市宣言」が行われ、近隣の市町村と連携し、地域住民に必要な生活機能の確保等を図るため、中心的な役割を担う意志を表明しました。

今後、医療、福祉、地域公共交通など7つの分野で、市町村の垣根を越え、町民の方が利便性を実感できるような取組を推進していくため、関係市町村が連携して取り組む具体的な内容を盛り込む「定住自立圏共生ビジョン」の策定を進めてまいります。

各事業の取組状況及び評価について

※以下から、定住自立圏共生ビジョンの各年度の取組状況及び評価についてご覧いただくことができます。

茨城県央地域定住自立圏共生ビジョン懇談会について

※以下、水戸市ホームページから開催状況及び資料等をご覧いただくことができます。

水戸市ホームページ「定住自立圏構想について」

 

SNSでシェアする