茨城トヨペット株式会社との連携(ネーミングライツ)

ネーミングライツ

茨城トヨペット株式会社(本社:水戸市千波町、代表取締役社長 幡谷 定俊氏)が「大洗文化センター」と「大洗町総合運動公園」のネーミングライツ(命名権)を年額730万円(5年総額3,650万円)で取得し、契約を締結しました(期間:令和3年4月1日から令和8年3月31日まで)。

令和3年4月1日から各施設の愛称は下記のとおりとなります。

施設名 愛称
大洗文化センター
(町民会館、中央公民館、漁村センター)
トヨペット スマイルホール 大洗
大洗町総合運動公園 トヨペット エンジョイパーク 大洗

施設の正式な名称は変更しませんが、対外的な広報やホームページなどで愛称を積極的に使用し、愛称の定着を図っていきます。

皆さんもぜひ愛称をご使用ください。

茨城トヨペット株式会社 幡谷定俊 代表取締役社長より、大洗町へメッセージをいただきました。ぜひご覧ください。

 

地域協働事業包括連携協定

また3月10には、同社と地域協働事業包括連携協定を締結しました。

この協定は、大洗町の一層の活性化や町民サービスの向上を目的として協働事業を行っていくにあたり、相互の役割を明確化するために締結するものです。締結式では、幡谷社長から「パートナーとして様々な交流を図っていきたい」との心強いお言葉をいただきました。

今後、職員の相互交流や緊急時の車両提供、カーシェアリングやマラソン大会への車両提供などに向けて取り組みを進めていきます。

 

SNSでシェアする