出産育児一時金給付

内容

国民健康保険に加入している人が、妊娠4ヶ月(85日)を超える出産(死産・流産を含む)をされたとき、出生児おひとりにつき404,000円を支給します。

(産科医療補償制度加入の医療機関で出産した場合は、16,000円加算し420,000円支給となります。)
なお、医療機関等への直接支払制度を利用した場合、出産育児一時金が被保険者ではなく、出産費用として医療機関へ直接支払われます。
直接支払制度を利用し、出産費用が支給額を下回った場合は、その差額を被保険者へ支給します。

対象・該当者

国民健康保険被保険者(妊産婦)
※ただし、社会保険をぬけてから6ヶ月以内に出産した場合は,社会保険より支給されます。

申請・提出先

住民課 国民健康保険係

申請・提出の期限

出生日の翌日から2年以内。

申請時に必要なもの

1.国民健康保険被保険者証
2.印鑑

3.医療機関で発行する領収書又は請求書
4.医療機関等との直接支払制度の合意書

5.マイナンバーが分かるもの(マイナンバーカード または 通知カードと顔写真入りの身分証明書)

本人以外の申請について

世帯主は可能

申請方法

窓口持参のみ

手数料・自己負担・利用の期限など

無料

SNSでシェアする