茨城県新型コロナウイルス感染拡大防止営業時間短縮要請協力金(令和3年4月~6月分)について(7月31日〆切)

営業時間短縮要請に係る協力金の申請についてご案内します。

茨城県による営業時間短縮要請に、ご協力いただいた飲食店事業者の方に協力金が支給されます。

※令和3年6月7日更新

「5月終期の場合は6月30日申請期限、6月終期の場合は7月30日申請期限」としていましたが、申請期限が7月末日に延長になりました。

全要請期間について、申請期限は7月31日(土曜日)となります。

 

(2021年6月8日現在の情報です。最新情報をご確認ください。)

要請対象の期間

大洗町は令和3年4月22日(木曜日)~令和3年6月9日(水曜日)までの期間が対象になります。(全49日間)

  • 4月22日~5月5日(14日間)
  • 5月6日~5月12日(7日間)
  • 5月13日~5月19日(7日間)
  • 5月20日~5月26日(7日間)
  • 5月27日~6月2日(7日間)
  • 6月3日~6月9日(7日間)

要請対象の業種

全ての飲食店(食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗の事業者)
※テイクアウトとデリバリー、イートインは要請対象外であり、営業時間短縮要請時間帯も営業可

要請内容

午後8時から午前5時の間の営業自粛(酒類の提供は午後7時までにすること)
※テイクアウトとデリバリー、イートインは午後8時以降も営業可

対象者

次の要件全てを満たす者

  • 要請対象市町村に所在する、通常20時から翌朝5時までの間に営業を行っている飲食店又は客に飲食をさせる営業が行われる施設(以下「飲食店等」という。)を運営する者であること。
  • 要請期間の開始日より前に開業しておりかつ、営業の実態があること。
  • 要請されている期間の全日程で要請の内容に協力した(終日休業した場合を含む。)事業者であること。
  • 食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく飲食店営業許可を受けている者であること。
  • 県が定めるガイドライン等に基づき感染防止対策を実施し、いばらきアマビエちゃんに登録していること。

 

協力金支給額

・1店舗あたりの支給額=[1日当たりの協力金額]×要請日数

・個人事業主・中小企業の場合

[1日当たりの協力金額*]=前年又は前々年の参照月における1日当たりの売上高×0.3

*千円未満切り上げ、下限2万5千円、上限7万5千円

※1日当たりの協力金額を2万5千円として申請する場合、売上高に関する書類の添付を省略できます。

※大企業の算定方式で申請することも可能です。

 

・大企業の場合

[1日当たりの協力金額*]=(前年又は前々年からの参照月における1日あたりの売上高減少額×0.4

*千円未満切り上げ、上限額は20万円、又は前年若しくは前々年の売上高×0.3(千円未満切り上げ)のいずれか低い方

  • 消費税及び地方消費税は売上高からは除いて算定してください。
  • 売上高は、「店舗における飲食業事業の売上高」を用いてください。
  • 協力金額の計算で参照する「参照月」は、時短要請月と同じ月です。

例1)4月22日から5月5日までの要請分について申請する場合⇒令和元年又は令和2年の4月5月

例2)5月6日から5月20日までの要請分について申請する場合⇒令和元年又は令和2年5月

申請受付期間

令和3年7月31日(土曜日)まで ※当日消印有効

※1度申請した場合も、延長分については追加申請が必要です。

※今までの要請期間に係る協力金をまとめて申請ができます。

申請方法

電子申請(いばらき電子申請・届出サービスから申請)または郵送申請

※「新規申請」か「追加申請」であるかによって申請書類が異なります。

  • 令和3年4月以降の協力金を初めて申請する場合は、新規申請となります。
  • 令和3年4月以降の協力金を既に申請したことがある場合は、追加申請となります。

詳しくは茨城県ホームページをご確認ください。(↓申請書もコチラ↓)

お問い合せ
商工観光課 商工観光係
代表電話番号
029-267-5111
FAX
029-266-2412
Mail
お問合せフォーム
SNSでシェアする